緊急告知!

0

    突然ですが、

     

     

    今週土曜日(2月17日)18:30〜20:00、枚方の『さだ生涯学習センター』で講演会を実施致します。

     

     

     

    テーマは、

     

    『病院では教えてくれない成長痛の予防法と解消法』

     

     

     

    成長痛の痛みは、その日のうちに解決出来ます!

     

     

    成長痛は身体の動かし方で悪い癖が原因なのです。
    この理論は、医学会にない理論であることをプロサッカーチームのドクターから言われました。
    そして、認めてくれました!
    なぜなら、その場で痛みが消えたからです。
    成長痛に悩んでいる人は、是非この機会にお越しください。

    問合せ:ashilab.osaka@gmail.com

     

     

    JUGEMテーマ:関節痛


    講演会レポート&募集

    0

      今年最初の講演会は、両親の故郷でもある沖永良部島で開催して頂きました。

      (沖永良部島は鹿児島県の奄美諸島の一つです。http://www.okinoerabujima.info/about/

       

       

      今回の講演会では、参加人数が70名を超え、

       

      奄美新聞でも取り上げて頂き、とても有難い宣伝となりました。

       

       

       

       

       

      今回の講演会でも、痛みを取るデモストレーションを交えながら成長痛のメカニズムや予防ストレッチなどを約2時間お話させて頂きました。

       

      そこで施術させてもらった中学生は、なんと1年以上も成長痛に悩んでいました。

       

      その検査の為に鹿児島市内の病院まで行ったが何も変わらずでしたが、この講演会での施術で痛みをほぼ解消することができ、さらに原因を理解する事が出来たと喜んでくれました。

       

       

       

      今までは定員を30名での開催としておりましたが、倍以上の人数でもいつもと変わらず講演会を進める事が出来ましたので、

       

      今後は、定員を50名にして開催していくことを考えております。

       

       

      講演会をご希望の自治体やチーム、団体等、おられましたらお気軽にご連絡下さい。

       

      Email  :  ashilab.osaka@gmail.com

       

       

      JUGEMテーマ:関節痛


      オスグッドの真実

      0

        足らぼブログは、『スポーツらぼ』の夏嶋隆先生の教えを基に発信しております。

         

         

        今回のテーマは、『なぜ膝蓋骨と脛骨粗面の位置関係がおかしくなるのか

         

        (異常な位置関係)左脚 写真

         

         

        (正常な位置関係)右脚 写真

         

         

         

         

         

        写真,両豺隋足裏を確認すると親指内側、母指球、踵(かかと)前方にタコ(皮が固くなっている)が出来ている事が殆どです。

        (『足指をまげるだけで腰痛は治る!』参照)

         

         

         

        なぜタコの位置を確認するのかというと、

         

        タコは重心がかかって摩擦が起こった証拠なのです。

         

         

         

        その結果、

         

        写真,両豺隋▲織海内側に出来ていることから足が内旋していることがわかります。

        (『足指をまげるだけで腰痛は治る!』参照)

         

         

        そして、この内旋が膝蓋骨と脛骨粗面の位置関係をおかしくする原因となっております。

         

         

         

         

        実は、この内旋は膝関節だけでなく、足関節(足首)、股関節、腰の痛みの原因でもあるのです。

         

         

         

        また、ここで一つの疑問が生まれました。

         

         

         

         

        なぜ、内側にタコができるのか。

         

         

         

         

        これは、次回のテーマにします。

         

         

         

         

        成長痛にお悩みの方はご相談下さい。

        ashilab.osaka@gmail.com

         

        JUGEMテーマ:関節痛

         

         


        オスグッドの真実

        0

          足らぼでは、オスグッドの痛みはその日のうちに取れると考えています。

          しかし、一般的には1週間以上、若しくは酷いと3週間以上痛みに悩むことになります。
          なぜ、その様な違いがうまれるのか。
          たぶん原因の見解が違うのだと考えられます。

           

          【一般的な病院での見解】<オスグッドの原因と病態>(日本整形外科学会HP引用)

          10〜15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると、発生します。

          大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。
          この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

           

          オスグッド病の病態

           

           

           

           

           

           

          【足らぼの見解】

          オスグッドになる子供は、膝と脛骨粗面(オスグッドで痛くなる箇所)の位置関係がおかしくなっています。

           

           

          正常な位置関係では、膝蓋骨(膝のお皿)の外側(L側)に脛骨粗面があります。(右脚)

           

           

          しかし、

           

           

          オスグッドの痛みを抱える子供は、膝蓋骨の真下に脛骨粗面があります。(左脚)

           

           

           

          このことが原因で、大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)のテンションが強くなり、付着部となる脛骨粗面を過剰に牽引してしまい、オスグッドを発症させていると考えられます。

           

           

          では、なぜ膝蓋骨と脛骨粗面の位置関係がおかしくなるのか。

           

           

          これは、次回のテーマとさせて頂きます。

           

           

          ashilab.osaka@gmail.com

           

          JUGEMテーマ:関節痛

           

           


          指曲げを実施しているチーム

          0

            JUGEMテーマ:関節痛

            成長痛や怪我の予防方法として、お勧めしていること。

             

            『指曲げ立ち&歩き』です。

             

            《 指曲げを取入れたチームの結果 》

            *Tフジタ枚方SC(現 サダ伊加賀蹴球団、FC eje)

            指曲げ立ちだけではなく、歩き方、走り方、止まり方、方向転換など、身体の使い方を約10年間、コーチや選手に指導。

            成長痛に悩んむ選手が年間に多くて1人。

            怪我の痛みで1週間以上休む選手はゼロ。

             

            *折尾愛真高等学校 野球部 (福岡県)

            本塁ベースから一塁ベースまで指曲げ歩きが出来ないと練習に参加出来ないルールを実施。 現在は全選手が達成。 その結果、ケガ人が大幅に減少。 更にバットスイングのスピードが急にアップした。

             

            *賢明学院高等学校 サッカー部 (大阪府)

            指曲げ立ちを継続している為、ケガ人が大幅に減少。

             

             

            この取組みを徹底している上記の3チームはケガ人が激減しています!

             

             

            何故、指曲げが有効的なストレッチになるのかというメカニズムに関しては、講習会で詳しくご説明しております。

            講習会ご希望の場合はご相談下さい。

             

             

             asilab.osaka@gmail.com

             

             

            尚、ブログでも『オスグットになる本当の原理』はお伝えしていく予定です。


            成長痛改善 実技講習会のご案内

            0
              • 日時   12月17日(日)18時30分〜20時
              • 場所   枚方市立伊加賀スポーツセンター 体育室2(畳)  枚方市伊加賀西町53-2
              • テーマ  「病院では教えてくれない成長痛に悩まない方法」
              • 内容   成長痛は15分あれば痛みが取れる事や成長が問題ではなく身体の動かし方に問題があることを動作解析の分野から講義と実技でお伝えしていきます。
              • 参加費  2,000円 (一家族3名まで)
              • 締切日  先着25組様をもって締切りとさせていただきます。  

               

              • お問い合わせ  ashilab.osaka@gmail.com

               


              講習会のご案内

              0

                日時   12月2日(土) 18時30分〜20時

                場所   枚方市立さだ生涯学習市民センター  第二集会室  枚方市北中振3-27-10(エヴァース鍼灸院すぐ横の施設)
                テーマ  「成長痛に悩まない方法」

                内容   15分もあれば痛みが取れるという事や成長が問題で痛みが発症したのではなく身体の動かし方に問題があるということ

                参加費  2,000円 *チラシに記載している参加費欄の“一家族5名まで”→“一家族3名まで”とさせて頂きます。

                締切日  先着25名様をもって締切りとさせていただきます。  

                 

                 

                お問い合わせ  ashilab.osaka@gmail.com


                足らぼ 講習会 in 志摩市

                0

                  三重県志摩市で『足らぼ 講習会』を開催して頂きました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  テーマは、3つ。

                   

                   

                   

                  『成長痛の本当のメカニズム』

                  オスグットになる子供は足指を反っているため、足の色々な所にタコが出来ています。

                  そのタコとオスグットとの因果関係をご存知ですか?

                   

                   

                  『成長痛の痛みを取るストレッチ方法』

                  痛みを取るのは簡単です!

                  足指を曲げて立ったり、歩いたり出来ますか?

                   

                   

                   

                  『成長痛が起こらない歩き方と走り方』

                  スポーツ界のトップアスリートには、歩き方と走り方に共通点があります!

                  足首伸びてますか? つま先から着地出来てますか?

                   

                      

                   

                   

                  講習会に参加して頂いた方たちからは、「初めて耳にする理論だったけど、目から鱗だった。」や「分かりやすく納得いく講習だったので、成長痛や怪我への不安が解消された。」などといった感想を頂きました。

                   

                   

                  今回の講習会でも『成長痛で悩む子供をゼロに!!』という目標にほんの少し近づいたと感じることができた講習会でした。

                   

                   

                  今後も、積極的に全国各地で講習会を開催していきたい考えております。

                  講習会をご希望の方、興味を持たれた方、ご連絡お待ちしております。

                   

                  成長痛への常識を変えて、成長痛で悩む子供をゼロに!!

                  JUGEMテーマ:関節痛


                  足らぼ オスグット患者さんの症例

                  0

                    JUGEMテーマ:関節痛

                    中学2年生 男子 サッカー

                     

                     

                     

                    1週間前の試合後、立ち上がる時に膝に痛みが発症。 

                     

                     

                    その後、

                     

                    日に日に膝が腫れ、

                     

                     

                    立ち座りに強く痛みを伴い、

                     

                     

                    少し触れただけでも痛みがきつくなってきた。

                     

                     

                    病院で『オスグット』と診断され、その3日後、当院を受診。

                     

                     

                     

                     

                    先ず、足裏のタコチェック。

                    丸の部分にタコが出来ています。 

                     

                    上記の写真のような箇所にタコがある人は、関節痛に要注意です。

                     

                     

                     

                     

                    そして、15分程の施術とテーピング。

                     

                    この時点で痛みはほぼ消失。  

                     

                     

                     

                     

                    足らぼでは、ここからを大事にしています。

                     

                     

                    痛みが取れたら次にすることは、痛みが出た原因を追究し、再発しないように動作改善を指導しております。

                     

                     

                    今回のケースでは、歩き方と走り方に問題があったので、それを指導しました。

                     

                     

                    今まで通りの歩き方や走り方をするとすぐに痛みを再発してしまいましたが、

                     

                    指導した歩き方や走り方だと痛みを再発しませんでした。

                     

                     

                     

                    このように、オスグットの痛みは、その日のうちに改善できます!

                     

                     

                     

                    そのためには、歩き方や走り方の改善が必要です。

                     

                     

                    だから、痛いからといって安静に休んでいる暇はないのです!

                     

                     

                    正しい歩き方や走り方を身につけるため、練習あるのみです!

                     

                     

                     

                     

                    足らぼでは、『成長痛で悩む子供をゼロに!!』という願いで、

                     

                    今回ような症例や痛みを緩和できるストレッチ方法などの情報を発信していきます。

                     


                    足らぼ日記

                    0

                      JUGEMテーマ:関節痛

                       

                      はじめまして

                       

                      大阪府枚方市にある『成長痛治療専門院 足らぼ〜エヴァース鍼灸院〜』の

                       

                      永山宜秀(ながやま ぎしゅう)です。

                       

                       

                       

                      当院では、10年来学んでいる『夏嶋理論』から、

                       

                      足の形の崩れや足の関節可動制限などが痛みの原因であると考えて、

                       

                      日々、研究しております。

                       

                       

                      当院には、急性・慢性の痛みに悩む患者さまをはじめ、

                       

                      病院では原因がはっきりしない痛みに悩む患者さまが来院しています。

                       

                      特に、成長痛に悩む子供たちが多く、

                       

                      その殆どが、当院では15分以内で痛みが取れております。

                       

                       

                       

                      このブログでは、その一部を紹介しながら、

                       

                      痛みに悩む方々に役立つ情報を発信して、

                       

                      日本のスポーツ界に貢献したいと考えています。

                       

                       

                       

                      スポーツ現場の指導者さんや、親御さんに読んで頂いて、

                       

                      成長痛やその他の痛みの本当のメカニズムを知ってもらい、

                       

                      可能性を秘めた子供たちが怪我でスポーツを断念することをなくしていきたいと

                       

                      願っています。

                       

                      毎月10日と25日に更新していきます。

                      これからどうぞ宜しくお願いいたします。


                      1

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM